テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」のアンケートに答えてみました

Q1:動物園・水族館は社会福祉・教育普及、そして動物の研究・種の保存を行う施設として考えられていますが、今回のように動物の福祉や動物の視点に立った配慮について考えたとき、動物園・水族館の存在意義、必要性はどこにあると思いますか?

A1:そもそも「社会福祉や教育普及」は人間本位の思考によるものであり、「人間の人間による人間のための」作業であり、その本質は動物たちの生態への一方的な「攻撃」です。動物園の本質とは動物たちにとっての巨大な「強制収容所」であり、人間のための「レジャー施設」です。

檻の中に入れられた動物たちを陳列する行為を以て「社会福祉・教育普及」と考えるならば、それは本来の目的とは真逆の効果しかもたらしていないことを認識すべきでしょう。とくに、子供たちが檻や水槽に入れられた動物たちを見てどのように考えるかは想像に難くありません。動物たちはあたかも動物園のような環境で人間に隷属して生きているものでしょうか。人間からエサを貰わなければ生きられないものでしょうか。動物園の動物たちを見て、あたかも「人間が動物たちの上に君臨するもの」、「動物とはお金を払って動物園で見物するもの」と誤解する子供もいるでしょう。そして、それは子供だけではないはずです。

「動物の研究・種の保存」についてですが、「動物の研究」は動物園でなくともできるものであり、「種の保存」に関しては、人間があたかも動物たちの存在や数量自体をコントロールすることのできる「神聖な生き物」であるかのごとき思考に基づいた誤った思想です。強調しなければならないのは、人間は動物たちの存在や数を決してコントロールすることはできない、そして倫理的にそのようなことはしてはいけないということです。

私の上記の主張については様々な反論があるのは十分承知しています。ただ、人間は動物たちと共生するべきものであり、檻に入れておくべきものではないのです。


Q2:動物の入手方法・飼育方法・動物たちの高齢化など、現在、動物園・水族館が抱えている問題があるとすればどんなことですか?

A2:
1.イルカの入手方法について
これまで世界の水族館のイルカたちの多くは「追い込み漁」という極めて非人道的な方法で捕獲されてきました。生体販売に利用されないイルカたちは子供たちと引き離され、殺されました。現在日本では生体販売がなければ、イルカ猟(イルカ追い込み漁)はビジネスとして存在しません。

イルカ猟が日本の「伝統である」と主張する方たちもいますが、イルカの生体販売は日本の伝統でしょうか?JAZAが主張するように、本当にイルカの「追い込み漁」が非人道的ではないなら、ブルーシートなどで囲まずに、堂々と一部始終をメディアに公開すればよいではないでしょうか。今回、せっかく水族館のイルカたちがどこから来たのか、国民的な議論として考えるチャンスであったと思われたのですが、メディアのミスリードによって一方的に議論が封殺されてしまいました。そして問題の所在があたかも「伝統」の問題であるかのようにすり替えられてしまいました。非常に残念なことだと思います。

2.水族館の「サーカス」化

現在、多くの水族館の目玉的な存在はイルカショーです。日本の54の施設でイルカを飼育しており、600頭以上のイルカが監禁されています。そのすべてでショーを行っています。イルカショーの集客がなければ経営が成り立たないとも言われています。イルカがジャンプして演技をするのを見て観客は拍手喝采をしますが、イルカたちが本当に好んで演技をしているのでしょうか?イルカの「笑顔」は本物なのでしょうか?

ここで強調しなければならないのは、イルカショーは単なる「ショー」ではなく、非人道的なサーカスであるということです。イルカを有する水族館はこのサーカスによって経営が成り立っていると言っても過言ではありません。

このように、現在の水族館・動物園の経営は動物(イルカを含むすべての動物)を拉致、監禁、搾取し、動物の権利(アニマルライツ)を彼らから剥奪することによって成立しています。そしてこの問題について子供たちから考える機会を強制的に奪っています。私たちは動物園・水族館の問題を訴えるとき、この「アニマルライツ」という言葉をキーワードに動物たちが抱える問題を訴えています。


Q3:動物園・水族館現在の在り方については世界中で様々な議論がなされていると思いますが、日本の動物園・水族館の在り方についてどのようにお考えですか?改善点があるとすればどんな点でしょうか?

A3:動物たちを檻や狭いプールに入れて展示していることの非人道性は筆舌に尽くしがたいものがあります。人間が檻に入れられてお金を払って動物たちに見物させられるという世界を想像してみて下さい。そしてその支払われたお金は新たな人間を拉致するための負の再連鎖を起こすことに使われるとすればどうでしょう?

動物園・水族館において動物たちを監禁する作業を行っている以上、問題の所在を隠ぺいするいかなる作業も改善とは言えません。私たちが考える改善とは、アニマルライツにもとづき、彼らの権利を保障するものだけです。そして、長期的には動物たちを自然に帰す作業につながります。彼らの人間への隷属を延長させる改善策は動物たちのためのようであって、結局はすべて人間のためのものなのです。

 

Q4:例えばイルカには人の心を癒すセラピー効果があると言われますが、水族館や動物園の意義において、動物を「ただ見て楽しむ」以外に、人に与えている好影響に関してはどのようにお考えでしょうか?

A4:一度発想を変えてみてはいかがでしょうか?

人間が動物園に行くのではなく、代わりに人間が動物たちのいる自然の中に行くのです。イルカショーに行く代わりに、彼らに会いに海にドルフィンウォッチングに行くのです。私たちは動物園や水族館では見られない、動物たちの本来の姿を見ることができるでしょう。そして、この姿こそが本来のあるべき私たち人間と動物との関係であり、好ましい距離だと考えています。

私たちは安易に、身近だから、簡単だから、安く済むから、癒されたいからなどという身勝手な理由で動物園や水族館に行っていませんか?私たちが動物園に支払うそのお金で彼らが捕獲され、搾取され、そして殺されているのです。

本来人間と動物の間にはいかなる檻も壁も存在しません。人間も彼らと同じ動物のひとつにすぎないのです。私たちに人権(ヒューマンライツ)があるように、アニマルライツの精神を理解するならば、私たちがむやみに動物園や水族館で動物たちからの癒しを求めてはならないと理解することができるでしょう。

キャプテン・ポールワトソンからのレター

あなたには申し訳ないがコーブガーディアンが単に日本の漁師に訴えていると思っているのならそれは間違いだ。あなたはコーブガーディアンの行動を全く理解していない。

彼らは、イルカの虐殺虐殺に対して、世界からの注目を集めるためにそこにいるのであり、彼らが太地に行くのは、
そこで見たイメージを、それぞれの国へ持ち帰るためである。

シーシェパードは決して反日活動家ではない。我々ははイルカを支持する。我々はイルカをサポートするための太地入りである。

事実イルカは日本人に属しているわけではない。イルカには自分たちの統一国家があり、国の市民イルカ達を太地の漁師は残忍に暴行虐殺したり捕獲拷問して苦しめている。トシアキ、そういう彼等の行動が我々にこういう仕事をさせている。

もしもコーヴガーディアンが太地から去ったら、コーブガーディアンが今まで行ってきた"冷酷な大量殺戮の世界的な暴露"が終了するだろう。そうであると良いが、しかし、もしコーブガーディアンが太地を離れたら、唯一終わることと言えばコーブガーディアンが今まで行ってきた"冷酷な大量殺戮の世界的な暴露"が終了するだろう。

あなたはこう言うかもしれない。海外の活動家が、まるで自分の裏庭のように、この離れた場所で活動するのは、
普通ではないし、合法的でも無いし受け入れがたい事である、と。

国際的にクジラ保護区と認定された南極海にまだ日本は生き続け、まるでそこが自分の裏庭であるようにその聖域で捕鯨をしている。
トシアキ教えてくれ、なぜ日本人が南極海の鯨保護区やオーストラリアのクジラ保護区でまるで彼らの個人的な屠殺場でのようにしている事が良くて、コーブガーディアンが太地でイルカの虐殺を目撃し耐えながら記録する事が悪いのか。

我々は、日本人の傀儡団体を作るつもりはない。我々は日本人の参加を歓迎するが、しかし、我々は団体を作るために日本にいるのではない。我々が太地にいるのは、太地で行われている残忍な行為に対して、世界的に関心をあつめるためである。

我々はIMATAや航空会社によってイルカの出荷を反対する。そしてデンマークフェロー諸島でイルカやゴンドウクジラの虐殺にも反対している。そして我々は南極海北大西洋における捕鯨も反対している。

我々は殺戮者がどんな国籍だろうが関係はないし、我々も国籍を持たない。世界中多くのの異なる文化や民族から構成されている我々は、鯨やイルカを殺害する銛やナイフを持つサディスティックな殺戮者と戦ってきた。肌の色、国籍は重要ではなく無関係だ。

殺戮者は人間であり、この知的で、社会的に複雑で、感覚のある生き物を殺している人間を阻止する責任がある。これは人種差別ではない。この世界にはたったひとつだけの種族が存在する。それは、人類、と、殺し屋、だ。イルカや鯨を殺すものと、それを阻止するものたちである。ようするに、人種差別批判をこの問題にさしはさむという事は、弁護の余地のない者たちを守るための戦略的な方法でしかない。

我々はが2003年に太地に来る以前は日本でのイルカ虐殺に反対するものはひとりもいなかった。メディアがそれについて触れる事がなかった事を日本の人々は誰も気づかなかった。が、今は状況は違う。
我々は、太地、それは、哀れみをもたない町の名前を世界中の人々に知られるようにした。
太地は、イルカにとって、トレブリンカかダッハウナチス強制収容所)と同じくらい恥ずべき場所である。

日本政府は世界中から毎年、何万ものメールや手紙を受け取り、それは今や、東京で、イルカ漁反対の垂れ幕を持って反対活動をしている数人の人たちより、重要であるはずである。

「Gaiatsu」は日本政府が反応する。これは外国の圧力を意味し、日本の海洋自然保護法律ひとつひとつが外圧によって変わった。

もし日本の人々がイルカの虐殺を止める事が反日感情だと思っている様だが、我々は反日感情を生み出してはない。
もし、日本人が、イルカの虐殺のために、反日感情が増大していると思っているなら、答えはイルカの虐殺を止めることである。我々が、この反日感情を生み出しているのではない。
虐殺こそが、この敵意を生み出しているのである。我々は単に、太地の真実である、この恐怖をあきらかにしているだけである。あなたは、我々が真実のメッセンジャーであることで、我々を責めますか?もし日本が、多くの人によって、怒りや、恐怖とともに見られているとしたら、それはこの惨殺によってであり、我々のせいではない。

我々に真実を語る事をやめろと求めるのか。
あなたは我々と太地の間にカーテンを下ろし、再び太地でのこの上なく無知な殺害が始まることを我々に求めている。

我々はそれを望んではいない。私たちはイルカを見捨てない。我々の目的は、太地で死ぬ全てのイルカを世界中の人々が殺害を目撃し確認することです。我々は静寂の中で殺害が再開することは許さない。

あなたは、この問題を太地の漁師の視線で見て欲しいという。それは、まるで、連続殺人をサイコパスの視線で見てくれと言っているのと同じだ。

トシアキは、美しい生物が入り江を血で真っ赤に染め、空気中に血の匂いを嗅ぎ、イルカが悲鳴をあげながら殺されていくのを見た事があるのか?

あなたは本当に我々がこのイルカに背を向け歩き離れて行く事がができると思うか?

もし、我々が、漁師に対して、腹だたしく、不快な存在とするならば、それは、彼らが 我々と、我々の良識、そして、種としての集団的な尊厳に対してしていることが、不愉快で、無礼だからである。

太地で起こっている事は人類の未来と自然に対する犯罪である。我々はそこから出て行く事はないしイルカ達を見捨てる事は決してない。

むろん、我々は、イルカの水族館で、この知性がある生物が奴隷にされ、残酷なパフォーマンスを行っているのを止めなければならない。コーブやブラックフィッシュのような映画は、世界の人々に、この恐ろしく残酷な産業の恐怖を知らせるのに役立ってきた。

日本の左翼愛国主義者は、彼らの憎しみと言う指針を支持するために、この問題に飛びついた。
とても信じ難い事だが彼等はそうのような虐殺や拷問にその原因をリンクすることは、彼らが展開することができ、ほとんどの正のメディア戦略であることを考えているようだ、ああ失敬。私は日本の右翼民族主義は常に虐殺、流血、奴隷制と拷問共にある事をことを忘れていた。その事は多くの中国人民が同意するだろうと確信する。

ザ・コーブガーディアンは、あなたの様に光を隠して日本の隅で語るようなことはしない。彼らが何を見たか、事実を世界中に送り出し、毎年もっと人々に知り多くの人々が全身で感じていく。我々が2003年に太地に行く以前は、誰も絶対にこの事を知る者はいなかった。今日、我々の太地での努力が成功しないとあなたには断言できないと言うことに世界中が知ってている。教育とメディアの位置からキャンペーンは大成功を収めてきた。

あなたは海外の活動家はコーブでやり残したことはもう何もないと言う。海外活動家が撤退にすると、この虐殺反対が終了てしまう。海外の活動家が日本の活動家より良い事は、日本政府が外国人活動家を威嚇する事は不可能だし、彼らは日本の活動家を威嚇し続けるだけということです。

我々のイルカへの忠誠心は100%であり、我々は肌の色やパスポートの国籍を理由に侮辱脅迫されてもイルカを見捨てない。我々は差別に対して服従、降伏はしない。

太地でのイルカの虐殺を終了する必要がある。それは、21世紀の場所がない、文明世界で場所がない、あらゆる人間の文化の中場所がない。それは人生で残酷、無慈悲、無駄、不道徳、廃棄物、もし彼等が自尊心を持つ人間ならすべての人間がその惨忍さを反対し廃棄するべきである。

イルカの虐殺反対をするトシアキにお礼を言う。あなたは明らかに素晴らしい海洋哺乳類の為に感情を持っているし、我々はそれを感謝している。本当に、我々の事を日本人ではないことを理由に我々を葬る前提としないでほしい。

イルカは日本人ではない。彼らは海域に属している。そこは彼らの家であり、我々の守備は彼らの側にあり、あらゆる権利を持っている。(翻訳:ケイコ・オールズ)

6月6日、Empty the Tanks 2015 - Tokyoが開催されます

※ このイベントは中止になりました。
This event was canceled.
-----------------------------------------------------------------------------

※ Please only click "going" if you are planning to attend. As the police in Yokohama are quite strict and will need numbers. So if your not going please change it to a maybe. Thank You.

▷イルカショーのための捕獲及びイルカの監禁と搾取に反対する国際イベントです。 アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、オランダ、香港など世界各国の水族館施設の前で、捕獲されているイルカやシャチのため、心を1つにして「イルカショー反対」を訴えます。「楽しい水族館」の裏側にある問題について社会に訴えかけ、水族館を訪れる人たちに考えてもらいたいという願いからイベントを開催するものです。当日は水族館前で声を合わせ、チラシを配り、平和的にプロテストを行います。
▷This is the OFFICIAL Empty the Tanks page for the 2015 event at Hakkeijima Sea Paradice.
On June 6, 2015, protests and educational events will be held all over world in front of marine mammal parks and aquariums. If the park is exploiting marine mammals for entertainment and profit then we want people out front creating noise and awareness. We need your voice, your posters, and your dedication to seeing an end to the captivity industry.

▷海洋哺乳類を守る会よりー八景島シーパラダイスでETTを開催するにあたり
「海洋哺乳類を守る会」は八景島シーパラダイスへ遊びに来る一般の方たちへ向けて、楽しい水族館の「裏側」にある問題について訴えかけ、問題について認識し、考えてもらいたい、という願いから3回目を迎える当国際イベントの開催を決定しました。当日は八景島マリンゲート口でチラシを配り、拡声器を使い平和的に抗議活動及び啓蒙活動を行います。
現在八景島シーパラダイスにはイルカ、アシカ、その他多くの海洋哺乳類が監禁状態にあります。現在日本でイルカを有する水族館は53カ所あり、監禁されているイルカの数とともに世界でも群を抜いています。
世界の水族館のイルカのほとんどは太地の追い込み漁で捕獲されたイルカたちです。 展示用に選ばれなかったイルカは殺されます。日本のイルカ猟が世界のシーワールドの供給源になっていることはほとんど知られていません。
私たちがイルカたちを助けるためにできることは、ただ「水族館のチケットを買わないこと」です。
▷From Action for Marine Mammals, International Event at Hakkeijima
We have decided to hold 3rd time international event to raise awareness of the dark side of the aquarium entertainment business. Our objective will be to enlighten the ordinary people who come to enjoy the sights at the Hakkeijima Sea Paradise. We plan a peaceful event in front of the aquarium, distributing educational pamphlets.
Currently, half a dozen dolphins, and several seals, sea-lions are confined at the aquarium. With 53 dolphinariums, Japan leads the world in the number of its captive dolphins.
Most of the world’s captive dolphins come from the drive hunt at Taiji. The ones which are caught but not chosen for exhibition are killed.
Few people realise that this hunt is driven by the demand from dolphinariums around the world.
The only thing we can do to save the dolphins is to not buy tickets to the shows.

■集合場所:八景島シーパラダイス【マリンゲート口前】
Assembly point: Hakkeijima Marine Paradise, Marine Gate Entrance. Beneath the overpass on the south side of the road junction.
※注意:集合場所は、八景島島内、八景島駅側の入口のいずれでもはありませんので注意して下さい!
Caution: This is NOT one of the entrances near Hakkeijima Station. See map.
▷集合場所への行き方は以下の2通りあります。
There are two routes to the assembly point.
八景島駅金沢シーサイドライン)から
Route 1. From Hakkeijima Station (Kanazawa Seaside Line)
駅から約1キロ徒歩(10分位)
About one kilometre, 10 minutes walk, from the station.
八景島駅から橋を渡りシーパラダイス敷地内を通り、再び橋を渡りマリンゲート口へ行きます。(島内は無料にて通行できます)
From the station, cross the bridge to the island and pass through the Sea Paradise grounds (free). Then cross the other bridge north to the Marine Gate Entrance.
②市大医学部駅(金沢シーサイドライン)から
Route 2. From Shidai-igakubu Station (Kanazawa Seaside Line)
駅から約1キロ徒歩(10分位)
About one kilometre, 10 minutes walk, from the station.
シーサイドライン高架下をシーパラダイスへ向かって歩くとマリンゲート口へ着きます。
Follow the Kanazawa Seaside Line overpass to the Marine Gate Entrance.
https://www.google.co.jp/maps/@35.340142,139.64561,3a,75y,192.51h,99.04t/data=!3m4!1e1!3m2!1slMlnTa_4QrljM6CM_Bn5ww!2e0

■日時:2015年6月6日(土)10:00~13:00
WHEN: June 6th (Sat) 10:00-13:00

■持ち物:カメラ、パネルやイルカの帽子、バルーンなどがあれば尚可。手ぶらでも構いません。
Please bring cameras, your own placards, dolphin cap, balloon, stuffed dolphin toys or anything nice appealing goods.Empty handed will also be fine.

八景島シーパラダイスへのアクセス。
http://www.seaparadise.co.jp/info/access.php
Access
http://www.seaparadise.co.jp/english/access.html

※ 時間など変更の可能性があるため、間違いのないよう、前日にはこちらのイベントページのチェックをお願いします
Please check the event page on the previous day in case of changes in time, place, etc.

主催:AMM 海洋哺乳類を守る会
Host: AMM Action for Marine Mammals
https://www.facebook.com/amm.japan

リック・オバリーと2015年のJDDについて協議する(2014年12月28日)

12月28日、都内のホテルにて来日中のリック・オバリー氏とJDD他について協議を行いました。

f:id:sengangs:20150227152123j:plain

 

 

ハラキリ

外国人の友人との夕食後の会話で。

 

友人:「ハラキリはとてもクールな日本の文化よね。日本人はハラキリについてどう思ってるのかしら。」
私: 「う~ん・・・」
友人:「日本人はもっと自国の文化に誇りを持っていいと思うわ。」
私: 「今はもうそんな時代ではないよ。第一、誇っていい文化と悪い文化がある。そもそも僕はハラキリを文化とは認めないよ。」
友人:「あら、そう?ハラキリは海外では大流行してるわ。」
私: 「日本では廃れたんだ、あんな古いもの。」
友人:「古くてもとても可愛いわよ。」
私: 「・・・可愛い?」

 

そこでようやく、その友人がなんの話をしていたのか氷解した。
彼女はずっと「Hello Kitty」、つまりキティちゃんのことをネイティブに発音していただけだった。

国際反捕鯨デーを開催しました(11月3日)

11月5日の国際反捕鯨デーにちなみ、日本では11月3日の文化の日に日本の調査捕鯨に反対するデモ行進を東京渋谷で開催しました。

f:id:sengangs:20141103145827j:plain

11月5日の国際反捕鯨デーにちなみ、東京渋谷で11月3日にデモ行進を行います。国際法に違反する調査捕鯨を放置しては日本にも海にも地球にも未来はありません。関東近辺にお住まいの方、文化の日(月・祝)の国際反捕鯨デーにぜひご参加ください。

f:id:sengangs:20141028182243j:plain