本日のつぶやき


  • 03:28 午前1時と言う非常識な時間に目が覚め、眠れない。もう3時半だ。もう起きようか。また寝ようか。どうしよう。zzz。 #
  • 08:47 RT @HRD_plus_A3: "@OitaraAitara 一般名詞としては、資本主義が脆弱又は危機的な状況にある中にあって、共産主義を排除するのみならず一切の自由・民主・平和主義を排撃し、内にあっては極端な国粋主義による暴力的独裁、外にあっては公然たる侵略主義をとる... #
  • 10:50 相変わらずプロアクティブ(?)ですな。加油! RT @milkypia 昨日は日本の出版社と韓国の漫画家さんとで8時間のマラソン打ち合わせ&通訳。まだ脳が疲れてますw 飯も食わんとようやるわ、自分w #
  • 10:52 @xtos_sotx つかう機会があるといいですね。イワナ放流(I wanna hold you.)〜。 #
  • 10:54 RT @milkypia ただ韓国のキリスト教は、民俗信仰とのハイブリッド。「信じれば天国、信じなければ地獄」に代表される強要性があり。 #
  • 10:56 今日の「サンデーモーニング」を観ていると、アラビアの砂漠で大雨が降って洪水が頻発しているとのこと。北極の氷も数十年後には消滅してしまうらしい。どうなってるんだ、地球。 #
  • 11:18 @ckzu1111 私はいつも「直球」で付き合うので、周りの友人はみな同志と呼べる親友ばかりです。友人に恵まれたことは、私がいつも感謝していることです。 #
  • 11:32 人は歩く管である。上から入って下からでる一本のくだ。口はその入り口ですね。大切。 RT @milkypia 口は、すべての「始まり」となる重要な器官であり、ヒトが自らケアしうる唯一の内臓だと思ってます。これをいかにケアできるかが、健康の要かと。僕の場合ですが... #
  • 15:28 @ckzu1111 今日は家で静かにすごしています。痛みのことは心配しないで下さい。ぜひ今度一杯やりましょう。 #
  • 15:42 @yaoyongjun おかげさまで、なんとかやっています。大丈夫。阿均は日曜日、どう過ごしているの? #
  • 15:58 @yaoyongjun 文章は書く練習を付けておくと、後で自分の考えを整理するときにそれが役に立ちますよ。加油#
  • 19:51 @yaoyongjun 大学生活では楽しいことがたくさんありますね。学生時代の経験は苦労も含めてとても素晴らしいこと。きっと将来の糧になります。 #
  • 22:48 今週も日曜劇場、「JIN-仁-」を観た。「男子たるもの、人前では決して泣いてはならぬと。しかし、今日はすこしだけ・・・」と涙をこぼす恭太郎。自らの体を張って、恋した女郎の命を守った彼の姿はとても尊いものだと思う。胸が熱くなる日曜日の夜。 #
  • 22:52 무슨 글을 읽어서 이야기를 나누었다는 건가요? RT @ckzu1111 祝福受けた生活であるのは間違ってありません。もしか、@QuoVadisKorea 様のメンションを読み話し合った方がどうかと思います。ただ推薦だけです。 #
  • 23:37 RT @taiyouumisora JIN。男の弱さと女の強さ。男らしさと女らしさは、死語になっている。男は弱さを隠すやせ我慢という皮で男らしさを保って来たのかもしれない。その弱さを見透かし支えて来たのが女らしさという皮を羽織った女の強さ。多分、投稿しても削除する。 #
  • 00:50 今日はこのまま眠るのが惜しい気がして、パソコンの前に座っている。今晩は、TBSの「JIN-仁-」と、NHKの「坂の上の雲」を観た。いまでもその余韻が残っている。幕末と明治という時代の差はあるものの、ダイナミックに動く歴史の波を自分自身が体感しているようで胸が熱くなる。 #
  • 00:56 以前、かれこれ17年も前に学会誌に投稿したパレスチナ旅行記の原稿が残っていたので、そのままPDFファイルにしてブログに貼り付けておいた。北朝鮮脱北者問題についての論文もその下に付けた。もし関心のある方はご覧下さい。d.hatena.ne.jp/sengangs/ #
  • 01:00 イワナ放流、イワナ放流、イワナ放流〜♪ (I wanna hold you.〜♪) #
  • 01:36 ポルトガルは、大航海時代の歴史の一時期、あれほど栄華を誇り、スペインと共に世界を思うままに支配した大帝国だったにもかかわらず、現代ではすっかり落ちぶれた、ただの一小国になってしまった。日本とは鉄砲伝来つながり。国の衰退は世の常ではあるが、その落差があまりにも甚だしい気がする。 #
  • 01:47 独逸は過去、科学技術、哲学、芸術、産業、その他あらゆる面において世界の最先端を行く「超大国」だった。そう、少なくとも第二次世界大戦までは。一方、現代の独逸はどうだろう。自信をなくし、自虐的なまでに自身の歴史を否定している。ワイマール時代の自信とプライドはどこに行ったのだろう。 #
  • 01:50 僕の恋しい人のことを考え眠りにつく。それだけで、あたたかな気持ちになる。おやすみなさい。 #
Automatically shipped by LoudTwitter