本日のつぶやき


  • 10:57 再び絵の勉強を始めたい。できれば油絵。人物画。もともと僕は高校時代(3年)までは美大を目指していた。美大の試験科目であるデッサンの練習を黙々と続けていた。基礎デッサンの素地はある(と思っている)。友人に「絵は続けてください」と言われたのが僕の強い原動力になっている。 #
  • 11:06 語学を効率よく習得するコツ。「継続は力なり」という言葉があるが、じつは語学に関してはコツコツと勉強するのは賢いやり方ではない。短期間に集中的に叩き込むこと。言語はスロープ状に上達するものではなく、階段状に上ってゆくもの。気がつくと、飛躍的に上達する時期がある。 #
  • 11:32 モルヒネの服用を中止した。「麻薬」とは聞いていたが、甘く考えすぎていた。眩暈、幻覚、吐き気、悪夢。あらゆる副作用に苦しんだが、一方でこれに依存する自分自身の姿に驚いた。痛みをコントロールするはずが、モルヒネにコントロールされていた。 #
  • 11:40 文字にしてみて初めて気がつく自分の姿というものがある。漠然と頭の中に蓄積されている概念は、時とともに飛散して、いずれは煙のように消えてゆく。この雲をもつかむような概念を、人に説明するように分かりやすく論述する作業のプロセスは、自分自身の思考の整理にとってなによりも役立つ。 #
  • 16:53 共産党支部の映画上映会で、「アフガンに命の水を」という記録映画を見た。アフガン人民たちとともに地道に井戸を掘り続ける日本の青年たちの姿が生き生きと伝わってきた。雑草すら生えなかった不毛な大地が、広大な麦畑に変わってゆく姿、アフガン人民たちとの連帯の姿が印象的だった。 #
  • 18:25 これは第一回の上映会です。たしかに、共産党の支部が主催するにはすこしおかしい気がします。ところで、海外ではキリスト教会で映画の上映会をするんですか。RT @frontsight9 You guys have a Movie Club? Sounds like church. #
  • 18:28 ペシャワールの会の中村哲さんです。アフガニスタンの人たちと心を通じた交流ができる彼の器の大きさには感服しました。RT @grokmasazo ペシャワールの会の活動ですか?中村哲さんは最も尊敬できる同時代人ですRT #
  • 18:39日本共産党国際局の次長が講演に来る」というので期待して出かけた自分がバカだった。行ったこともないアフガニスタンの歴史を淡々と述べて一時間をつぶす薄っぺらな内容だった。そんな他人事の話ではなく、もっと自分のテーマを絞り、より深く突っ込んだ議論をしてほしかった。残念。 #
  • 00:27 @milkypia アイコンは同じだが、アカウントがときどき変わるのは何故? #
  • 00:31 今晩、わが親愛なる同志とつっこんだ話し合いを行った。ネット上とはいえ、有意義な会談内容だった。この世界に、胸襟を開いて語り合える同志がいることにこの上ない幸福を感じる。 #
  • 00:38 @milkypia なるほど、そうでしたか。人物が変わってなくてなにより。張先生の翻訳書に関心があり、アマゾンで一冊購入してみたいと考えているのですが、自信作を推薦していただけるでしょうか。 #
  • 00:45 @frontsight9 モルヒネオピオイドは同一の麻薬かは分からないが、いずれにせよ、末期の癌の人たちにも処方される薬のようですね。私の場合はリン酸コデインから麻薬への依存が始まっていきましたが、人によっては副作用が薬の効用を相殺してしまう危険があるようです。私がそうでした。 #
  • 00:47 共産党内にも愚にもつかない輩は大勢いる。RT @frontsight9 Maybe things are changing. The JDP is making the JCP look good. I still don't like my local JCP reps. #
  • 01:01 @milkypia 了解しました。いまから楽しみです。いろいろと参考にさせていただきます。 #
  • 01:09 ラクダの顔が好きだ、と書いた。が、一点。なぜにあんなによだれをたらしているのだろうか。ポーカーフェイスなのか、単なる呑気なのか、或いは顔だけ呑気なのか、いくら考えても結論が出ない。あんな呑気な乗り物に乗ってシルクロードを横断した、いにしえの人々の勇気と探究心には心から敬服する。 #
Automatically shipped by LoudTwitter