日本は捕鯨事業から手を引くべきである

 日本の調査捕鯨とは先に結論ありきの「科学」であり、人間が自然界のバランスをコントロールできるという前提に立っている時点においてすでに誤っている。「自然の摂理」の意味を完全に履き違えていると言わざるを得ない。この偽善に満ちた「調査」の名を借りた商業捕鯨は、日本の国際的信用を大きく失墜させているのみならず、日本の国益を著しく毀損させている。日本は捕鯨事業からすみやかに手を引くべきである。