「調査捕鯨の安定が復興につながる」のか?

「調査捕鯨の安定が復興につながる」って、普通に日本人がこの日本語を読んでもおかしいのではないだろうか。そもそも日本の捕鯨は「調査(Research)」という前提の下で合意されているものであるのに、なにをどうやれば「リサーチ」が復興にリンクするのだろう。IWC総会でここ突かれたら日本はいったいどのように釈明するつもりなのだろうか。
「復興のために予算つぎ込んで捕鯨の再再調査します」と開き直るか、「食べて応援!」のように「調査して応援!」などと苦しい駄洒落でも言うか。いずれにしても、対外的に日本はまったく説明できない事態に陥る。
このような愚劣なことをするから、日本国の信用が低下し、国益を損ない、海外に住む日本人が肩身の狭い思いをするのである。これはシーシェパードとは何の関係も無い話である。このような時に、「復興予算」を使ってまであえて捕鯨に執着する理由がなんなのか、私には全く分からない。