私が「太地行き」を断った理由

「東京から和歌山までの交通費と現地での滞在費を出すから、太地でイルカ猟のモニターをしないか? リック・オバリーに会ってこないか?」

11月の反イルカ猟デモの後、私はあるドイツ人の活動家から突然こんな誘いを受けたことがある。私は一瞬その誘いに乗りそうになったが、しばらく考えた末、やはりこれは受けるべきではないと判断した。その理由は以下の三点にある。

第 一の理由は、そもそも私が太地に行ってイルカ猟のモニターをしたところで、これがイルカを救うためにどのような貢献ができるというのか、私には 理解できなかったため。無論、太地にはいつかは行ってみたいと思うが、毎朝双眼鏡をのぞいてイルカ猟のモニターをすることについてはまったく意義を見出す ことができない。
第二の理由は、「外国の組織からお金を出してもらって太地に行く」ということは、日本の活動家としては適切な行為ではないと 思う。日本人によるイ ルカ解放運動(海洋哺乳類を守る会)であるということを前提に始めた運動であるにもかかわらず、海外の組織(Save Japan Dolphins)から出資してもらうのでは、一体どの国のどの組織の活動か分からない。行く人間が外国人かどうかの違いがあるだけで、活動の実態は完全 にSJDである。
第三の理由は、個人的な理由かもしれないが、リック・オバリーに魅力を感じなくなったこと。彼のイルカ解放運動には十分敬意 に値するが、彼の名声 にあやかって彼に群がる群衆のひとりにはなりたくはなかった。リックは日本ではゲストであり、日本では我々が運動の主体である。もし会うとするならば、彼 のほうから我々活動家に会いにくるのが筋ではないだろうか? 彼がどれだけ有名人であっても、それは別の問題である。

そういうわけで、私は彼の提案を見送ることに決定した。も し我々が彼らのお金で太地に行ったとしても、今後の運動に大きな禍根を残しかねない。何よりも我々は日本のイルカ解放運動の幹部としての責任があ る。我々がこの活動を立ち上げたのは、日本の海洋哺乳類を解放するためであり、個人的な名声を上げるためでも、外国の組織 のためでもない。この「初心」は、決して忘れてはならないことだと思う。

 

(この文章は筆者の個人的な見解に基づくものであり、「海洋哺乳類を守る会」の公式見解を表明したものではない。)

Why I declined to go to Taiji

I was asked "Would you come to Taiji to monitor the dolphin hunt? We will pay your travelling and accommodation expenses. Wouldn't you like to meet Ric O'Barry?"

This was the sudden invitation I received from a German activist after the demo in Tokyo in November against the dolphin hunt. For a moment I was tempted, but after some thought decided it was something I shouldn't accept. There are three reasons.

The first is that I couldn't understand how my going to Taiji to monitor the hunt would contribute to saving any dolphins. Of course, I would like to visit Taiji sometime, but I cannot find any useful purpose in monitoring the hunt with binoculars every morning.

Second, receiving funds from an overseas organisation to visit Taiji is not appropriate behaviour for a Japanese activist. Regardless of the fact that the demo got off the ground through the efforts of the Japanese dolphin liberation movement (Action for Marine Mammals (AMM)), allowing an overseas group(Save Japan Dolphins) to meet my expenses would make it impossible to tell on behalf of which country or organisation I was acting. It would have looked as if I were going to Taiji in support of SJD rather than as an independent Japanese activist.

The third reason is more personal: I am no longer attracted to Ric O'Barry. I greatly admire his work for the dolphin liberation movement but I didn't want to become part of the adoring masses who are attracted to him merely because of his fame and glory. Ric is a guest in Japan, but in Japan we Japanese are the "body" of the movement. It doesn't matter how famous he is (which is a separate matter entirely in my view), if we are to meet, isn't it more appropriate that he should come to us?

This is why I have declined his** [**i.e. the German's] offer. If we accepted their funds and went to Taiji it would create a huge source of future trouble for the movement. More than anything, we have a responsibility as leaders of the Japanese dolphin liberation movement. We started this movement in order to free the marine mammals of Japan, not for the fame of any individual, nor for any overseas organisation. We must not forget this, our original intent.

(This document reflects the personal opinion of the author and does not represent the official position of Action for Marine Mammals.)

翻訳:Simon Varnam