天皇制はフィクションである

日本はいずれ完全な共和制に移行する。その時期は我々が想像するよりずっと早いものになる。国の体制が変わるためには、百年単位の年月は必要としない。必要とするのは国民の意識の変革である。
いずれ皇族の方々には皇居から「引っ越し」をしていただくことになる。現在の皇居は中国の故宮かニューヨークのセントラルパークのように全施設を一般国民に解放する。皇族からは一切の特権を剥奪し、一般国民同様、納税の義務を果たすべき。ついでに、これまでの「脱税」分もふくめ、重加算税を徴税することになるかもしれない。
我々が現在目にし、「当然のもの」として受け入れているものはすべてフィクションである。天皇、皇太子をはじめとするすべての皇族からは「~様」付けの敬称を排除し、彼らが一日も早く社会に適応できるようマスコミを誘導する。その上で、汗と泥に塗れた誇り高き日本の労働者階級の一員として余生を有意義に送って頂きたい