軸足

RoyalistとCommunistはいわば水と油のような関係にあり、中間は存在しない。私は今後の活動においても後者に軸足を置き続けるだろう。