食べてはいけない

私は互いの関係が「近い」物は食するべきではない、という漠然とした持論を持っている。できるだけ「遠い」ものを食べるのが自然の摂理に適っているのではないか、という考え。「近い」ものばかりを体内に取り込むと、凶暴になる。病気になる。そして狂う。
哺乳類ならば草か穀物、それが不可能ならば魚。「人間が動物を焼いて喰う」というのはあまりにも近すぎる。肉ばかり食べている人間はいずれ病気になる。かんしゃくを起こし、弱者に手を上げるようになる。精神的に病んでしまう。他人に対する共感力を失う。