道路使用許可を取らないでください

アニマルライツの活動を街頭で行う同志のみなさん中には、「道路使用許可が絶対に必要」という誤った認識を持っている方が多くいるようです。ここでは道路交通法77条、憲法21条、及び民主主義と人権の観点から、「なぜ道路使用許可は必要でないか」について考えてみたいと思います。

1.
まず、あらためて「道路交通法」を読んでみましょう。
(道路の使用の許可)
第七十七条  次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長(以下この節において「所轄警察署長」という。)の許可(当該行為に係る場所が同一の公安委員会の管理に属する二以上の警察署長の管轄にわたるときは、そのいずれかの所轄警察署長の許可。以下この節において同じ。)を受けなければならない。
一  道路において工事若しくは作業をしようとする者又は当該工事若しくは作業の請負人
二  道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする者
三  場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者
四  前各号に掲げるもののほか、道路において祭礼行事をし、又はロケーシヨンをする等一般交通に著しい影響を及ぼすような通行の形態若しくは方法により道路を使用する行為又は道路に人が集まり一般交通に著しい影響を及ぼすような行為で、公安委員会が、その土地の道路又は交通の状況により、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため必要と認めて定めたものをしようとする者

私たちの活動に該当するのが四、つまり、
「道路において・・・一般交通に著しい影響を及ぼすような通行の形態により道路を使用する行為又は道路に人が集まり一般交通に著しい影響を及ぼすような行為」
です。

ここで私たちが注目すべき一文は、「著しい」影響を及ぼすような行為か否か、です。つまり、私たちの活動が道路の通行・往来に「著しい」影響を及ぼす行為でない限り、道路使用許可は必要ないのです。

所轄警察署の交通課に、「道路使用許可が要りますか?」と聞けば、「許可を取ってください」といわれる場合があります。その場合は、所轄警察の交通課の担当者が道路交通法第77条の条項を精査せず、あるいは、私たちの活動がどのようなものなのかを知らずに許可を要求しているにすぎません。その場合は、「一般交通に著しい影響を与えません」と簡潔に答えればよいのです。道路使用許可に関する問題は解決します。
(ただし、パネルを道路の中心に置き、歩行者の往来に大きな妨げをする場合、あるいは、交通整理が必要になるほどの大衆が集まることが予見される場合にはその限りではありません。交通整理のための人員を配置する必要があるからです。)

2.
それでも所轄警察署の交通課が道路使用許可を要求してきた場合は伝家の宝刀を持ち出しましょう。
それは、「日本国憲法」です。

憲法21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由、これを保障する

「集会、結社」(つまり、アニマルライツの活動も含みます)は、これを保障されており、公共の福祉に反しない限り(憲法13条を参照)いかなる「許可」も要求されることはありません。
所轄警察で「道路使用許可」を要求された場合には、道路交通法7条と憲法21条で対応してください。

3.
それでも、警察になにか言われたときに不安だ、なにか問題が起きたときに道路使用許可を取っていると言っておけば安心だ、と思っている方、「保険」として道路使用許可を取っておこうと思っているみなさん、「民主主義」とはいかなるものかを今一度思い返してください。

民主主義社会で、言論集会活動を行うにあたり「許可」を取るということは認められていません。この時点で、違法行為にあたります

また、言論集会活動において行政の許可を取ることとは、自ら民主主義を否定することにもつながります。民主主義社会ではどのような集会や結社も(許可も届け出も必要なく)合法的に認められているからです。憲法に保障された人権や民主主義を否定してまで行う動物の権利とは、いかなるものなのでしょうか。人権(Human rights)を否定することは、動物の権利(Animal rights)を否定することにもつながります。また、道路使用「許可」を取ることは、諸刃の剣となります。つまり、「許可なくして活動できない」という社会を黙認することは、活動を抑圧する社会を自らが支えることにつながります。
人権とアニマルライツは非常に密接な相互関係にあります。「単に活動のプロセスだから」とお金を支払い許可を取ることは、アニマルライツを自ら否定することにも繋がるのです。

4.
それでも活動において「邪魔」が入ることがあります。通行人がパネルを蹴ったり、言いがかりをつけてきたりすることもあるかもしれません。その場合は、その懸念を正直に所轄警察署の警備課(交通課ではありません)に直接相談しましょう。
私たちがアクションを行っているいる時間、警察官に警備してもらうようお願いしてください。これは私が代表をつとめる「海洋哺乳類を守る会(AMM)」についてのことですが、これまで申し入れをした活動(これまで約10回)すべてにおいて、複数の警察官が警備にあたってくれました。制服警察官のこともありますが、拡声器などを使った活動の場合は大体私服警察官です。基本的に、活動家の数とほぼ同数の警察官が配置されます。

アクションやパネル展、チラシ配りなどの活動を予定されている方は、ためらわずに警備課に相談しましょう。
アクションの1週間以上前(できれば2週間前)に電話で予約(交通課ではなく、警備課!)を入れて所轄の警察署に赴きましょう。当日は警備課だけでなく、交通課の担当者も来てくれるはずです。
当日の訪問にあたっては名刺を準備しておいてください(3、4枚あれば十分)。また、警備課からは当日配る予定のビラが要求されるので準備しておきましょう。アクションを行う時間帯、現場における人員の配置、のぼり・プラカードの有無(あればその数)、拡声器の有無などが聞かれます。これらは私たちの活動を守るための質問ですので正直に答えてください。

なお、私の場合にはすべての活動において、万が一立ち退きや中止を要求された場合に備え、弁護士とその地域の市会議員にアクセスできるようにあらかじめ準備してあります。

5.結語
どうかアニマルライツの活動をする同志のみなさん、「道路使用許可」は取らないでください。そのような汚れたお金は払わないでください。「自分の身は自分で守る」は基本ですが、実際の活動においては所轄の警察が私たちを守ってくれます。